• お知らせ

2017.07.06
公式facebook始めました
 
 
横浜市住宅供給公社では、平成29年6月6日にfacebookを開設しました。
 
これまで以上に、公社の取り組みや
横浜の暮らしにまつわる情報を皆様にお伝えしたいと思いますので、
是非ご覧ください。
 
 
 
 
                    facebook                    Instagram             
                                       
 
 
2017.07.01
『子育てりぶいん最大4万円サポート』先着順申込受付中
お得な賃貸 住宅のご案内
 
『子育てりぶいん』とは、、、
 
 同居しようとする子どもがあり、18歳未満の子どもがいる世帯を対象に、最大4万円の家賃補助が出る賃貸住宅です。
blush家賃補助とは、世帯の収入によって家賃負担を軽減するため、国と横浜市が家賃の一部を助成することを指します。
 
※公営住宅ではありません。
  一般の賃貸物件に対し、住戸単位で認定されています。
※18歳未満の子どもがいる世帯が、家賃減額助成の対象であり、条件外(子どもが18歳になった世帯など)となった場合は、家賃減額助成が終了します。
 
『賃貸住宅募集窓口』にて先着受付中!!
 
       空き住戸の検索は↓↓ココ↓↓をクリック!
 

【お問い合わせ先】
制度について・・・横浜市建築局 住宅政策課
           ※制度内容については(►こちら、外部サイトへリンクします)
申込について・・・横浜市住宅供給公社
           ※賃貸住宅募集窓口 【045-451-7766】
            営業時間 10時~17時(毎週火・水曜日定休日)
 
 
2017.06.01
「高優賃」知っていますか?
【高優賃 60歳以上の家賃補助付きマンション】
家族も、ご本人も安心高齢者向け賃貸のご案内
 
【高優賃blush?】 こうゆうちん=高齢者向け優良賃貸住宅
 高優賃には家賃補助、室内の段差が少なく、手すりなどが付いている他、ご本人・ご家族が安心の生活センサー、緊急通報システムを搭載!!
 
 
緊急通報システム
 押しボタン(室内に設置)による通報を受けた場合、緊急要員が駆けつけ一時対応や指定の医療機関等への連絡を行います。
 
生活センサー
 押しボタンが押せない状況でも、定時間(水の利用や人の動き)反応が無い場合、センサーが自動発報し、緊急対応を行います。
 

【こんな方がご利用していますlaugh
親を近く(近所)に住まわせたいが、より安心な住宅に住んでもらいたい
子供や孫の近くに住みたいが、高齢者向けの住宅がよい
元気なので支援や介護は必要ないが、高齢者でも安心して住みたい
 
 
 空き住戸の検索ができます。
 空きが無い場合は表示されませんので、予めご了承ください。

■注意事項
・介護付き住宅ではありません。自立した生活が出来る方が対象になります。
・横浜市内に在住、又は勤務している、60歳以上の方を対象にした住宅です。
・市内在住(基本)の親族による保証人、身元引受人が必要になります(同一人物可)。
・礼金、仲介料、更新料は頂きませんが、敷金は補助が付く前の賃料の3ヶ月分となります。
・補助金は最大4万円となります。
 
ご質問は横浜市住宅供給公社 045-451-7766までお問合せ下さい。
 
2017.04.20
IoTを活用した高齢者向け見守りサービスの実証開始
   smiley横浜市住宅供給公社と富士通、高齢居住者の見守りサービスで協業開始smiley
 
 
    
    【関連Webサイト】
    「居住者の見守りソリューション」発売  
 
    
 
    ≪お問い合わせ先≫
    横浜市住宅供給公社
    賃貸住宅事業部賃貸住宅事業課
    担当:戸田、中山、竹中
    電話:045-451-7800
2017.02.21
暮らしの手続き・公的書類取得について(横浜市のリンク集)
■横浜市での「暮らしの手続き」について
 ※下記リンクは、横浜市のサイトを参照しています
 
 《総合案内》
 
 
■横浜市の子育て支援
地域子育て支援拠点
 就学前の子どもとその保護者が遊び、交流するスペースの提供、子育て相談、
子育て情報の提供などを行う子育て支援の拠点で、利用登録のうえ、無料で利用いただける施設
です。また、 地域で子育て支援に関わる方のために研修会なども実施しています。 
 →参考ページhttp://www.city.yokohama.lg.jp/kodomo/shien/support/
子育て支援者の子育て相談
 「しつけの方法は?」「おもちゃの与え方は?」または、
「子育てのグループ活動を始めたいんだけど」など、子育てで不安に思っていること、
 悩んでいることを一緒に考えます。
乳幼児一時預かりについて
 用事を済ませたい、少しだけリフレッシュしたい、急に仕事が入った・・・など、子育て中には
誰かの手を借りて子どもを見てもらうことが必要なときがあります。
そんなとき、理由を問わずお子さんをお預かりします。身近な子育ての応援者として、力になり
ます。
小児医療費拡大!(平成31年4月~ ※平成30年12月時点)
 ※対象年齢を「小6年生まで」から「中学3年生まで」に拡大
横浜子育てサポートシステム
 地域の中で子どもを預けたり、預かったりすることで人と人とのつながりを広げ、地域ぐるみでの子育て支援をめざすのが、「横浜子育てサポートシステム」。
子どもを 預かってほしい人と、子どもを預かる人に会員登録をしていただき、条件の合う近隣の方との出会いをサポートするシステムです。
 

■行政サービスコーナー??
 平日は19時まで!さらに土日も公的書類が取得出来ます
ヨコハマ・りぶいんの入居審査に必要な公的書類は、平日は19時、土・日は17時まで開所していますので、横浜市の行政サービスコーナーを利用すると便利です!場所は市内13箇所(H22.12月現在)あり、駅構内や駅から近い場所が多く、お買物や会社帰りにでもご利用ください!
※取得できる書類については、住民票、課税・非課税照明書、印鑑証明書etc...
※祝日は休業となります
 
市内11箇所、詳しくはコチラ ► 行政サービスコーナー
※書類により受取制限あり►受付時間と書類のお渡し時間について
 

 

<< | 1 | 2 | 3 | >>